オルタネーターが故障した場合の、修理方法と費用

イメージ左

オルタネーターが発電しなくなってしまった場合は、新しい部品と交換するのがベストです。

発電しなくなってしまったオルタネーターの故障個所を特定して、ブラシ交換などの修理する方法もありますが、最近では部品が多くでまわっていますので、新しいオルタネーターに交換する人がほとんどです。

ブラシが摩耗しているからとブラシを交換しても、故障個所が他にも見つかったり早い時期に劣化してしまったりすることが多く、費用的にも新しいオルタネーターと交換した場合とかわらなくなることが多いです。反面、手間ばかりが余分にかかりますから、手軽に入手できるリビルトオルタネーターや中古のオルタネーターに交換する人が多いわけです。

オルタネーターを交換する際に利用される種類として、中古品、リビルト品、新品があります。

どの種類の部品を選択しても、交換する際にかかってくる工賃は同じですから、部品の差はそのまま修理費用の差となります。


オルタネーター交換修理用部品代の価格比較 : 中古品 < リビルト品< 純正新品 


販売一覧 中古オルタネーター 一覧  こちら 中古オルタネーター

販売一覧 リビルトオルタネーター 一覧 こちらリビルトオルタネーター

リビルトオルタネーター(ダイナモ)のメリットとデメリット

リビルトオルタネーターリビルトオルタネーターのメリット

・新品部品と比べると半分から3分の1くらいの価格で購入できます。

・消耗した部品を新品交換、補修されていますので性能は新品とほとんど同等です。

・保証が付いているので、万が一の場合にも安心です。


リビルトオルタネーターリビルトオルタネーターのデメリット

・中古品と比べると、当然のことながら値段が高くなります。

・中古品とほとんど変わらない粗悪な製品をリビルトオルタネーター≠ニして販売しているところがありますので、見極めが必要です。。

・コアの返却が必要です。ただし費用はかかりません。


中古オルタネーター(ダイナモ)のメリットとデメリット

中古オルタネーター中古オルタネーターのメリット

・とにかくお値段が安いです。

・万が一に備えて、予備用とで2個購入する方法も有りです。

・コアの返却は不要です。


中古オルタネーター中古オルタネーターのデメリット

・走行距離などは、あまり信用できまでん。いつ壊れるかわからないとういう覚悟は必要です。

・通販の場合、安いと思っても送料が結構掛かります。

・保証がない。ただし、テストOK品に関しえては若干保証が付くものもあります。

・リビルト品と比べると、どうしても汚れが目立ちます。

オルタネーターの修理費用は、対効果を見極めて!

粗悪なリビルトオルタネーターとは、

リビルトされたオルタネーターであれば、どこで購入しても保証もついているから同じだと思っていませんか?性能が同じであれば、確かに価格が安いほうがいいのは当然です。リビルトオルタネーターを利用する人たちが増えてきて、口コミでも広がりつつありますが、粗悪(製品として完成度の低い)リビルト品は現実に存在します。価格を下げるために、中に使っている部品がお粗末は代物であったり、テストをする機材を備えていなかったりと、クレーム率の高いメーカーは確かに存在します。安売り競争をする為には品質を落とさなければ製造できないのが機械物です。

オルタネーターの社外新品とは・・・

自動車の交換パーツとして、中古品、リビルト品、純正新品のほかに社外新品という物があります。フロントガラスやO2センサー(オキシジェンセンサー)、ドライブシャフトなどは社外新品を利用した修理がよくされていますが、オルタネーターに関しては、現在のところ主流とはなっていません。社外新品を製造してもコストが高くなり販売価格がニーズにあっていないのが原因です。

オルタネーターを交換する場合、中古品とリビルト品のどちらがいいのでしょうか。

最近では、誰でも簡単に中古品が手に入るようになりましたが、オルタネーターの寿命は10万キロ前後だと言われています。 中古部品の場合、走行距離が不明な物も多く出回っていますので、購入の際には注意が必要です。

その点、リビルトオルタネーターの場合、オルタネーター内部のブラシが摩耗が限界値になる距離が10万キロぐらいで、そのブラシが新品に交換されていますから、走行距離の心配はいりません。 ただ、このリビルト品も様々なメーカーから様々な価格で販売されています。価格に差があるのは、オーバーホールをする際の交換部品の価格の差であることが多いです。 中には、ブラシのみの交換で済ませてあり、テスト方法も目視のみでリビルト品を謳っているリビルトダイナモもありますから、信頼できる販売店でのご購入をおすすめします。

粗悪なリビルトオルタネーターを購入するのであれば、たとえば車検まであと3カ月だけ乗りたいと考えている自動車の場合等、中古のオルタネーターを検討してもいいと思います。

Copyright © オルタネーターの交換、中古、それもとリビルト品? All rights reserved